SnowMAP

GEAR  ギア

Snow Gear Collection 2019 F&W GIRO「NEO MIPS」

2019-10-30 (水) 19:07

日本人の頭の形状に合わせた設計
もはや安全基準のスタンダード・衝撃保護システム「Mips」採用モデル

 現在、日本を代表するデモンストレーター丸山貴雄や武田竜など多くの選手たちが使用しているヘルメット&ゴーグルブランド「GIRO」。ヘルメットでは欧米人と比較し、ハチが張った日本人に合わせたAsian Fitモデルを他ブランドに先駆けて展開するなど、これまでも多くのスキーヤーに支持され、また日本国内でのヘルメットの普及という意味でもリーディングブランドの役割を担ってきた。その「GIRO」が2019-20シーズン、ニューモデルとして送り出すのが「NEO MIPS」。


アジアンフィットモデルであるが、さらにダイヤルによるサイズ調整で6cmの幅でサイズ調整が可能。ジャストフィットしたヘルメットは見た目だけでなく、安全面でも効果を発揮

 これまでも日本人の頭の形状に合わせたAsian Fitモデルを数多くラインナップしてきた「GIRO」。「NEO MIPS」では、日本人の頭の形状をさらに研究、データ化。そこからゴーグル装着時でも全体のバランスを崩すことなく、後頭部の深くまでカバーする形状を実現した。実際に装着した印象としては頭全体をやさしく包み込まれているように感じられる。さらにフィット感を調整させる機能が、グローブをしたままでもダイヤル操作が可能な「IN FORM FIT SYSTEM」。このダイヤルロックによるサイズ調整機能により、6センチの幅でサイズ調整が可能だ。ダイヤルによるサイズ調整機能は他ブランドのヘルメットでも、もはや一般的なテクノロジーであるが「IN FORM FIT SYSTEM」では縦方向へも調整が可能となっている。この優れたサイズ調整機能によりジャスフィットした状態は、ヘルメットの安定性を向上させるだけでなく、ゴーグルとの隙間をしっかりと埋める効果も発揮される。
 そして、この「NEO MIPS」はアジアンフィットモデルであるが、スマートで美しいシルエットとなっている。欧米人と較べてハチが張った日本人の頭では、大きいサイズを着けざるをえない場合や、日本人に合ったサイズ、モデルということだけで選ぶと、いわゆる“キノコ頭”になってしまう時がある。しかし、「NEO MIPS」ではシンプルなデザインとスマートなフォルムがさまざまなウェアとの相性も良く、きれいなシルエットを作り出すことができる。レジャー、競技、パウダーあらゆるシチュエーションにおいても、どんなにきれいな滑りをしたところでシルエットが美しくなければ全てが台無しになりかねない。逆を言えば、美しいシルエットならば、ひと際目立つ滑りに見えてくるかもしれない。「NEO MIPS」はジャストフィットしたサイズ、フィット感だけでなく、きれいなシルエットすらも手にすることができるモデルといえるだろう。


多方向衝撃保護システム「MIPS」。衝撃時に内蔵されたライナーが頭の周りをスライドすることで、脳へのダメージを軽減

 フィット感やサイズ調整はもちろんであるが、ヘルメットに求められる最大の要素はなんといっても安全性能。たとえば転倒時においても脳への衝撃をどれだけ少なくできるかで最悪のケースを避けることもできる。その脳へのダメージを最小限に抑えてくれるのが「MIPS」テクノロジーだ。マルチディレクショナル・インパクト・プロテクション・システム「MIPS」テクノロジーはヘルメット内に内蔵されたライナー、そしてそのライナーによって転倒、衝突時における衝撃を減少させるシステムだ。直線的な衝突にしろ、ねじれによる衝撃を伴う転倒にしろ、「MIPS」テクノロジーは、瞬間的に内蔵されたライナーが頭のまわりをスライドし、脳に伝わるダメージを軽減してくれる。実際に「MIPS」テクノロジーでは衝撃を受けたときに1000分の2秒に数ミリしか動かない。しかし、僅かな動きでも脳へのダメージを減少させるという意味においては大きな動きと言ってもいいだろう。


「NEO MIPS」価格:¥22,000+税 カラー:全7色 サイズ:S(52-55.5cm)M(55,5-59cm)L(59-62,5cm)
*Sサイズはカラーが限定

 近年では他ブランドでも高機能を備えたヘルメットが3~4万円台が当たり前になってきた。これだけの高機能、スタイルを兼ね備えた「NEO MIPS」であるが、¥22,000(税別)というのも驚きだ。どうしても価格面で高機能モデルに手が届かないということであれば、せっかくの安全性能が元も子もないことになってしまう。より多くのスキーヤーに、優れた安全性能も持ったモデルを広く提供できるというはうれしい限りだ。スタイルそして、優れた安全性能「MIPS」を兼ね備えた「GIRO」の「NEO MIPS」。“コスパ”からいっても、まちがいなく今シーズンNo.1のモデルだ。

GIROはコチラから
 

SUBARU ONLINE SHOP STJレンテック

FOLLOW ME

  • facebook

AD Sponsors

ページトップ