SnowMAP

GEAR COLLECTION  ギアコレクション

Snow Gear Collection 2019 Spring UVEX「downhill 2000 CV」

2019-05-30 (木) 15:54

シングルレンズの利点を最大限に活かしたワイドで鮮明な視界
革新的なレンズ構造は曇り止めテクノロジーも向上

 近年、各ゴーグルブランドがこぞって発表している“ハイコントラストレンズ”。そのアプローチの仕方はそれぞれ異なるが、雪山、そして強い紫外線の中で行われるスノースポーツにおいて、真っ白な雪面、そして天候の変化においても対象物を鮮明に認識することは安全面、そして滑走パフォーマンスにも多大な影響を与えている。また、すでに基本条件となりつつある“曇り止め”。この二つの要素を構成するため、多くのブランドはダブルレンズを用いることにより、その効果を生み出している。


UVEXが開発したハイコントラストレンズ「UVEX COLOR VISION」。シングルレンズで構成することにより、ダブルレンズよりもシャープに対象物を捉え、さらに視界をワイドにすることも可能にしている

 レース、基礎、またノルディック系の競技など、多くのアスリートに愛用されている「UVEX」。2019-20シーズンにとうとう「UVEX」からもハイコントラストレンズを搭載したゴーグルが送り出される。「uvex downhill 2000 CV(カラービジョン)」と名付けられたこのモデル。驚きは何といっても、多くのブランドが採用しているダブルレンズではなく、シングルレンズで構成していることだろう。ダブルレンズではなく、シングルレンズで構成している利点。そこには大きく2つのポイントがあるという。
 ひとつ目は、ハイコントラストレンズの機能を最大限に活かすことだという。どうしても2枚のレンズで構成すると、視野の鮮明さが弱まってしまう場合があるという。


「uvex downhill 2000 CV」価格:¥21,000+税 カラー:全5色

「UVEX」では、独自のアプローチで1枚のレンズに曇り止めのコーティングを施し、しかも雪上において柔らかく拡散する光の中でもコントラストを高め、シャープに鮮明に視界を確保してくれる。
 ふたつ目の利点として挙げられるのが視野の拡大だ。こちらもダブルレンズではレンズ同士また、フレームとの接着面においてレンズの周辺部に若干、視界を狭めてしまう場合がある。しかし、シンプルなシングルレンズによる「downhill 2000 CV」ではレンズ面の最大限まで視界を確保し、従来よりも15%ほど視野を拡大させたという。このことにより、無理にボリュームを持たせたデザインにすることなくシャープなデザインを維持したまま、最大限まで視界を広げることに成功した。


アウターレンズに調光、インナーレンズに偏光機能を搭載した「uvex downhill 2000 VP X」
価格:¥34,000+税 カラー:全2色

 これらシングルレンズのメリットを活かし、生み出された「downhill 2000 CV」。すでにシーズン中にテストした多くのレーサーたちから視界における捉えや幅がシャープにそしてワイドなったと多くの高評価を得ているという。アスリートのパフォーマンスをさらに高い次元へと導くため、他ブランドに先駆けて革新的なモデルを送り出す「UVEX」というブランドの技術力の高さをあらためてこのモデルから感じることとができるだろう。
 また昨シーズンから登場し、アウターレンズに調光機能、インナーレンズに偏光機能を併せ持つ「downhill 2000 VP X」は今年も健在。ワイドでハイコントラストレンズの「CV」か。調光、偏光を併せ持つハイブリッドモデルの「VP X」か。それぞれの見え方、志向やデザインなど、早期受注会ではじっくりと吟味してみてはいかがだろうか。

UVEXはコチラから

SUBARU ONLINE SHOP STJレンテック

FOLLOW ME

  • facebook

AD Sponsors

ページトップ