SnowMAP

REPORT/COLUMN  レポート/コラム

第97回全日本スキー選手権大会アルペン競技会  12/28(金)男子SL速報

2018-12-28 (金) 19:55

復活の湯浅直樹
圧倒的な存在感で優勝!

 2018年12/28(金)「全日本スキー選手権大会アルペン競技会」男子SLが行われた。一昨日のGSでは石井智也(ゴールドウインSC)が他のナショナルチーム勢を圧倒し優勝。迎えた今日のスラローム。最大の注目は湯浅直樹であった。どこまで復調しているのか!? ATOMICとのフィッティングはどこまで精度を高めているのか!?しかし、そんな杞憂をもろともせず、1本目から次元の違いを見せつけた。かろうじて1本目2位位に食い込んだ小山陽平(日本体育大学)が湯浅直樹と同じ53秒台をマークしたが、プレッシャーの高まる2本目も湯浅直樹は安定した滑りで見事、復活を果たす優勝。2位には大越龍之介(東急リゾートサービス)、3位には1本目、湯浅直樹に迫った小山陽平(日本体育大学)が入った。おそらく、湯浅直樹は自身の中でまだ納得のいく状態ではないのだろう。それでも他を圧倒する滑りと存在感をあらためて実感するレースとなった。

SUBARU ONLINE SHOP STJレンテック

FOLLOW ME

  • facebook

AD Sponsors

ページトップ