SnowMAP

VIDEO  ビデオ

FISCHER チューニング・ベース TOKYO 1周年記念キャンペーン

2018-10-23 (火) 13:58

「3Dスキャン」と「バキュームフィット」で完全にフィットしたブーツが手に入る!
ハイクオリティのチューナップショップは他ブランドも対応可能

 昨年秋、東京、スキーショップ街の神田小川町に「FISCHER」初の直営店がオープンした。ハードギアを展開するブランドの直営店は珍しく、またスキー専門店が立ち並ぶ東京、神田という立地に大きな注目を集めた。
 

「FISCHER TUNING BASE TOKYO」(以下FTB)その名の通り、チューンナップショップを併設しているところが注目ポイントだろう。 FISCHERの直営店であるが、他ブランド、そしてスノーボードも対応可能であることから、作業場には様々なブランドの板が並んでいる。そしてこの「FTB」ではまだ日本に数台しかないイタリア・SVECOM社製のチューニングマシーンが導入され、また長年にわたり、ワールドカップのサービスマンを努めてきた伊東裕樹氏によるスペシャルなチューンナップサービスが受けられるなど、ハードとソフトの両面で国内最高峰のチューンナップショップとして早くもその地位を確立している。多くの他ブランドの板が並んでいるのも、こういった要因が大きいのだろう。
 

 そして、FISCHERブランドの板、ブーツがすべてラインナップされているところに直営店ならではの特色がある。他ショップだと、モデルはもちろん、サイズやフレックスの違いによって在庫していないものがあったりすることがあるが、「FTB」ではズラリと並ぶライナップから試し履きをすることが可能だ。直営店を構え、すべてをラインナップする最大の要因となったのはFISCHERブーツ独自のテクノロジー「3Dスキャン」と「バキュームフィット」ではないだろうか。「3Dスキャン」とは特殊なマシンにより、それぞれの脚を3Dにスキャニング。そのデータによって自身に適うブーツを導きだしてくれるシステム。そして「バキュームフィット」ではインナーはもちろん、シェル自体も熱成型することにより、それぞれの脚にぴったりとフィットさせるブーツフィッティングシステム。この2つのテクノロジーにより、どのモデルが自身の脚に適い、そしていわゆる“当たり”をすべて解消し、オーダーメイドのブーツを作ることが可能だ。
 

 こういった高品質なサービスをひとりでも多くのスキーヤーに提供するために選択されたのが直営店の開設であったのだろう。マテリアルにおける“品質”ということには絶対的な自信を持って開発してきたFISHER。今後はさらにチューンナップやブーツフィッティングといったソフト面におけるサービスということにおいてもその“品質”をさらに高めていくのであろう。もちろん、国内でFISCHERを展開する「GOLDWIN」のスキーウェア、そしてNo.1アウトドアブランド「THE NORTH FACE」、アンダーウェアの「C3fit」も並んでいる。

 現在、オープン1周年を記念してアニバーサリーキャンペーン中のFTB。オリジナルトートバッグのプレゼントやポイントUPキャンペーンが行われている。世界基準にチューンナップされた板に仕上げたい方、自分に完全にフィットするブーツを手に入れたい方など、一度、訪れてみてはいかがだろうか。

FISCHERはコチラから

SUBARU ONLINE SHOP STJレンテック

FOLLOW ME

  • facebook

AD Sponsors

ページトップ