SnowMAP

REPORT/COLUMN  レポート/コラム

マルセル・ヒルシャー現役引退

2019-09-05 (木) 23:44

前人未到のワールドカップ総合優勝8連覇
絶対王者のまま、そのキャリアを終える

 すでに世界中のメディアから報じられていた通り、マルセル・ヒルシャーが現役引退を発表した。2019年9月4日オーストリア、ザルツブルグで記者会見が行われ、正式に彼自身から引退という言葉が発せられた。昨シーズンまで前人未到のワールドカップ総合優勝8連覇、世界選手権も制し、そして昨年の平昌オリンピックでは念願の金メダルも獲得した。アルペンレーサーとして全ての栄光を勝ち取った。結婚、そして父親となったマルセル・ヒルシャー。人生のすべてを犠牲にしなければ勝ち取ることのできない栄冠へのモチベーションとリスク。彼自身の中で変化が生まれたのは確かであったようだ。実際に引退をほのめかすような発言は昨シーズンから見受けられた。
 「勝ち続けているうちにキャリアを終えたかった」そう語ったヒルシャーであったが、そう決断したのは2週間前だった。これまで積み重ねてきたキャリアや周囲の期待。我々には測り知れない立場と状況において考え抜いた末の決断であっただろう。
 結局、誰も彼の背中を捕まえることができないまま、絶対王者マルセル・ヒルシャーはアルペンシーンから姿を消す。おそらく彼の記録が早々に抜かれるということはないであろう。体力的、技術的にもまだまだトップレーサーとして君臨することはできるはずだ。すこし早い引退を残念に思っている人も多いだろう。しかし、その伝説と同時代を過ごし、彼の偉業をまざまざと見せつけられたことに感謝して、彼の人生がより豊かなものになることに期待したい。
写真提供:ATOMIC
 

SUBARU ONLINE SHOP STJレンテック

FOLLOW ME

  • facebook

AD Sponsors

ページトップ